★☆★ 七夕は星に願いを ★☆★ 星守(御守り)

星に、願いを

東大の大学院生や国立天文台の職員らが、自分たちも身につけたい御守りを作りました。

 科学と宗教が切り離された現代でも、人は時に大きな力を信じて頼ります。それは科学者も例外ではありません。
 願いは人の数だけあるはずです。それぞれの願いは、どこへ届ければ良いんだろう。
 昔から「星の下に生まれた」という表現があります。夜空に輝く星々は数えきれないほどたくさん。どんな時でも、きっと、私たちを見守ってくれているはずです。そうだ、星に願いをかけてみよう。

 私たちは、自身の願いを星に託す御守り ★星守★ を作りました。木製の星に願いを書いて、自身で御守りの中に封入します。いつでも肌身離さず持ち歩けるので、くじけそうになった時、壁に当たった時、願いや想いに改めて触れられます。

東京大学の大学院生や国立天文台の職員らが作った新しいお守り…

東京大学の大学院生や国立天文台の職員らが作った新しいお守り…

願いを星に届けます

願いを星に届けます

想いを星に書き込んで

想いを星に書き込んで

肌身離さず願い続けられます

肌身離さず願い続けられます

あなたも星に願いをかけませんか?

あなたも星に願いをかけませんか?

 受験シーズン、そして期末テスト、卒業論文、修士論文、博士論文、年度内の論文投稿や学会発表など、学業や研究の大詰めを迎えている学生や研究者に、ぜひ傍に置いていただきたい。一般的な「学業成就」はもちろん、研究の成功を願った「研究結実」の文字も。
 永遠に輝き続ける星(恒星)に願いをかけて、星に各々の願いを書き込んで封じ、持ち歩くこともできます。

W 50 mm × H 80 mm
レピア織(カラープリントではありません)

コロナのお守り

 星の代表として、我々にとってもっとも身近な恒星である太陽をイメージしたデザインにしました。
 奇しくも昨今、巷で流行しているコロナウィルスは、電子顕微鏡で観察した時に太陽のコロナとよく似た王冠状の模様が周囲に見られることが語源となっています。コロナウィルスが猛威を振るっている状況を克服すべく、多くの方がこの御守りをお求めくださっています。

 こんな時だからこそ、神頼みにならず、自身の想いと努力でコロナ禍を乗り越えようとする方に、ぜひお持ちいただきたい御守りです。

¥ 700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 普通郵便

    全国一律 140円
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 360円
  • ねこポス

    全国一律 300円
通報する

ショップの評価